トライオートFXのレンジ追尾で稼ぐことができる

レンジ追尾システムがトライオートFXで追加され人気!

レンジ追尾がトライオートFXに追加されました。
このシステムは年間30%超の利益を狙う事が可能なシステムです。
メリットとデメリットがあるので、理解したうえで使ってみましょう!

 

 

トライオートFX,レンジ追尾

 

 

レンジ追尾とは、今までの追尾仕掛けだった一方向では無く、両建てをしながら取引を勧めます。
相場全体をレンジ相場と考えるならば、一方向に進んだ場合に「利益が出るパターン」と「損失が膨らむパターン」が考えられます。
その両方の特質を持ちながら、一方では利益を確定していくのでトレンドが出来た場合でも含み損を緩和する事が出来ます。さらにレンジ相場と考えればその含み損はいずれ利益に変わる可能性も高い訳です。

 

 

ちょっと頭が良いですね〜
ただ資金的な余裕がある程度ないと、大きなレンジ相場を迎えた時は一時的に大きなマイナスになりそうです。

 

 

トライオートFX,レンジ追尾

 

 

このレンジ追尾設定は長期向きの投資なので、短期間で大きく利益を伸ばそうと思う方には向かないシステムだと思います。年間30%の利益を狙っている投資なので365日間かかる訳です。レンジ相場が長く続けばそれだけ利益を得る事も可能ですが、相場は誰にも解りませんから。。

 

 

【レンジ追尾メリット】

  • 売り相場、買い相場を予想しなくてよい
  • 一方向にトレンドが発生しても反対売買で損失を緩和してくれる
  • レンジ相場で威力を発揮するシステム
  • 証拠金はMAX方式を採用しているため両建てが発生しても片一方の証拠金でOK

 

【レンジ追尾デメリット】

  • 売り買いの注文が発生するためスプレッドがどちらにも掛かる
  • 売り買いのスワップポイント差が出来てしまう
  • 長期間の運用が前提

 

 

もっと詳しく知りたい方は公式サイトに動画も用意されています。
その他の取引方法も覚えておくと複合で利益を狙う事もできますから、やはり勉強は必要でしょう!

 

まったく勉強をする気が無ければレンジ追尾のみの運用もありだと思います。

トライオートFXのレンジ追尾バックテスト値を参考に取引をする

トライオートFXのレンジ追尾の設定は簡単ですが、収益率から選ぶ事も可能です。
バックテスト値になりますが、かなり参考になるデータなので、推奨証拠金や最大APポジション、通貨などを取引前に確認しておきましょう。

 

 

トライオートFX,レンジ追尾

 

 

実現損益や収益率は常に変化しますが、参考値として画像を掲載しています。
もちろんスワップ損益もこの数値に含まれています。
さらに参考になるように、一番上に表示されている「レンジ追尾_ユーロ/米ドル_1k」を見てみましょう。

 

 

仕掛けの特徴としては、基本的にどんな相場でも活躍するオールマイティな仕掛けになり、相場の上下に影響されず、評価損を抑えながら利益を積み重ねるタイプの仕掛けになります。
また、相場方向が一方的に上がっている(下がっている)局面ではあまり取引をしない仕掛けになり、レンジ幅の中で上下を繰り返している相場を得意とします。
この取引スタンスで驚異的な利益が出ているそうですよ〜

 

 

トライオートFX,レンジ追尾

 

 

想定しているレンジ値幅で動けば勝てるという証拠にもつながりますが、なんと勝率100%となっています。利益を出しながらの評価損になると思いますが、29万円程の評価損も出ています。売り買いどちらか一方は実現益となるため全てが損失にはつながりませんが、相場が反転すると含み損が含み益に変わって行きます。

 

これを自動でやってしまうシステムに感心しますが、無料提供なのも凄い事ですね。

 

⇒ インヴァスト証券「トライオートFX」公式


inserted by FC2 system